右マイクロ気候周囲は、共通または商用の表示例と大差博物館の表示例表示スペースのための不活性および環境に優しい材料、によってゼロ汚染環境にdamaged.In加算されてから、博物館のオブジェクトを防ぐために不可欠である、博物館グレードの表示例は装備されていますマイクロ気候制御システムと、電子微気候ユニットのようなシリカゲルトレイまたは活性のような受動的な一つは貴重博物館の展示を可能するための崩壊又は分解されないように、内部表示空間内の湿度と温度の設定範囲を満たすように、比較的一定に保ちます異常な湿度及びtemperature.Passiveまたはアクティブ微気候システムに起因する損傷は離散入力に、目に見えない孔を介して微小気候室と表示空間との間で交換する内部表示space.Airから完全に独立して低級ロック可能台座/塩基内に設置されていますディスプレイ空間に湿った空気または吸収またはDIS内の余剰湿気を奪います スペースを果たしています。
私。 PASSIVE微気候制御システム  

例えばProsorb又はArtsorbとしてシリコンゲル除湿機は、受動的に±に調整精度で相対湿度のバランスをとるための空気交換を介して水分を吸収又は放出するために、内部表示スペースで連結不可視の空気孔と、別個に入れて密封し、施錠可能なスチールボックスします40%-60%の相対湿度5%。

長い寿命と吸収の卓越した能力と水分を突破し、脱着は、水分を吸収し、博物館グレードディスプレイケースの受動相対湿度調整に理想的に適しProsorbが好ましいシリカゲル、ショーケース、ディスプレイcabinets.Prosorb 40%の間で比較的一定の湿度を維持します - 60%RH、通常緩いビーズを充填して、頑丈ポリプロピレン及び蒸気透過性不織ポリエステル布によって構築された硬質プラスチックカセットに付属しているobjects.Prosorb博物館のほとんどのための理想的な湿度範囲。

Prosorbの利点

 

*無料の塩化物-PROSorbは、いくつかの他の製品がそうであるように(。 - 塩、多くの金属に対して潜在的に有害なこの塩は、ほこりや人間のタッチで金属に転送することができる塩化リチウムは、化学物質がある)、何の塩化リチウムを含みません。 PROSorb 97%のSiO 2、3%のAl 2 O 3から成ります。

*低摩耗PROSorbビーズは他のシリカゲル(摩耗<0.05重量%MIL-Dによる)未満の粉塵を生成します。

*高嵩密度-1キロPROSorbだけで約のボリュームを必要とします (いくつかの他のシリカゲルよりはるかに少ない)1,5、L。

*長期安定性-PROSorbは、他のシリカゲルは、その能力の大部分を失っている2〜5年を超えてその容量の大部分を維持しています。

*経済的-PROSorbは、同じ目的のために販売し、他の製品よりもはるかに安いです。

*温度依存性-PROSorbは、温度との関係で調整されます。 PROSorbは、有機材料が行うのと同じ方法で反応します。 したがって、温度が変化した場合、有機材料とPROSorb間の水蒸気のない、またはほとんどない、転送が存在することになります。 変動する温度下で、このプロパティは、膨張又は収縮から木製の目的および他の有機材料を保護する:ラベルに示されたコンディショニングは20℃を意味します。 より高い1.5%RH - 30°C 1の周りで、より低い1.5%RH - 10°Cでカセットのコンディショニングは約1であろう。

異なるシリカゲル除湿のための技術データの比較

フルサイズカセット

寸法:L 335ミリメートル、110ミリメートル、H 44ミリメートルW。

内容:950グラムビーズ

消費:表示スペースの1立方メートルにつき一個の以上のカセット、実際の状況アプリケーションまで

ハーフサイズカセット

寸法:L 335ミリメートル、110ミリメートル、H 24ミリメートルW。

内容:500グラムビーズ。

消費:以上0.7立方メートル、実際の環境のアプリケーションまで表示空間の半分サイズカセット

II。 ACTIVE微気候制御システム

電子アクティブ微気候制御システムは、通常±1.5%高い制御精度、自動的に予め設定された湿度値を特定する20%の間で〜80%.Active気候制御システムを湿度を維持することができるカスタマイズされた気候システムとを用いて、35%〜75%の間の相対湿度を維持します能動的システムのプリセットrange.The空気陽圧関数内の湿度を維持するために、除湿または加湿博物館の展示ケースの表示空間に入る外気の空気汚染物質を停止します。

The active climate system with combined dehumidifier and humidifier unit is usually installed invisibly in the lower discrete and lockable plinth of museum display cases/showcases. The display space of museum display cases/showcases is interlinked to the Climate system by two flexible hoses, forming an airtight recirculation system.Air will be actively extracted from display space into climate system or will be actively circulated back into display space. The sensors within display space will real-timely monitor both temperature and relative humidity,and will keep continuous communication with climate system after the preferred climate value is preset well.When monitored RH value deviates from the preset one, the dehumidification by condensing or humidification by evaporation will be immediately activated automatically. A 500 ml water tank is integrated together with active climate system for condensate supply for dehumidification process and also for reservoir use for the humidification process. The modes of operation "humidification" and "dehumidification" are indicated visually on the control panel. Alarming will be activated once the preset climate value not be reached.Remote alarming signal conveying can be customized and incorporated through wireless intelligence system. One basic-model of micro-climate unit will work well for well-sealed display space not more than 8m³,and for larger display space, more units will be needed or special climate units will be customized. A slave unit will be controlled by it's associated master unit.

アクティブな気候システムのデータシート